背中のニキビを改善するためにできること

皮膚科医に学ぶ!背中ニキビを防ぐ対策

ニキビを治して自信を持つニキビのできやすい部分は様々なものがありますが、汗や皮脂分泌が多く
できやすい箇所としてあげられるのが背中です。


背中ニキビの原因は様々なものがあり、ストレスや不規則な生活、食生活の悪さなどが挙げられます。


このような原因によって男性ホルモンが優位になることで皮脂が過剰分泌されたり
皮膚が硬くなることで角栓ができ、毛穴が詰まりやすいなどの状態になることで
ニキビはできやすくなります。

肌状態の悪化


背中ニキビを綺麗かつ早く改善したい場合には、皮膚科での治療がおすすめです。


皮膚科で治療することによって、有効成分を肌の奥にまで届けることのできるイオン導入や
根本的に男性ホルモンを改善することのできるホルモン治療などを行うことができます。


ただし、背中ニキビには再発しやすいという特徴があるため、治療以外にも
きちんとホームケアで対策していく必要があります。


ホームケア方法としては、石鹸やボディーソープの成分を見直します。
原因菌を減らす殺菌成分や角質を取り除くピーリング成分などが入っているものを選びます。


洗うときには優しく肌に負担がかからないように洗っていきます。シャンプーなどが洗い残っていると
ニキビにつながるため、洗う順番は洗髪を行ってから、洗顔、体の順番で洗っていきます。

洗い方


洗い終わりには洗い残しがないようにしっかり洗い流します。入浴後は化粧水などを使ってしっかり保湿することも大切です。
保湿効果のある入浴剤を使うのもオススメで、肌の潤いを保つことがニキビを予防することにつながります。


また、肌に触れる衣類を綺麗に保つことも重要です。
汗をかいたら着替えるなどをし、パジャマもできるだけこまめに洗うようにします。


背中の蒸れが気になるという場合には、背中を脱毛してしまうのもおすすめです。
背中を脱毛することによって産毛がなくなり、背中が蒸れにくくなることで雑菌などが増殖しやすくなり、
ニキビができにくい環境を作ることにもつながります。