背中のニキビを改善するためにできること

ニキビ治療でよく使用されている抗生剤の種類

ニキビを治して自信を持つ肌の悩みで特に多いものとしてはニキビがあげられます。
思春期に多い肌の悩みですが、最近は大人世代にも悩み人が増えてきました。


ニキビの原因としては過剰な皮脂や肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れなどがあげられます。
大人世代の場合は食事のバランスの悪さやストレス、生活習慣の乱れなどがあげられます。

食事のバランス


早く治すためには原因となっているものをできるだけ取り除くこと、
そして洗顔やスキンケアを丁寧にすることなどが大事です。


努力を続けていても、良い結果が得られないという場合は、皮膚科などの医療機関により
ニキビ治療も検討してみてはいかがでしょうか。


ニキビ治療にも様々な種類があり、レーザー治療は特に即効性があるとされています。
さらに、ケミカルピーリングやイオン導入も良い効果が期待できます。


医療機関で行われるニキビ治療はまずは抗生剤などの医薬品を使うことが多くなっています。
ニキビ治療ではどのような抗生剤が使われるのかも知っておきたいところですが、その薬にもいろいろな種類があります。


ニキビ治療の抗生剤では、塗り薬としてはダラシンゲルやダラシンローション、
アクアチムクリームやアクアチムローションなどがあげられます。


根気よく続けることが大切ですので、医師や薬剤師の指導を守りながら正しいケアを続けていきましょう。


飲み薬にも抗生物質があり、飲み薬も一緒に処方されることもあります。

抗生剤


そして、ニキビに良い成分としては、イオウも注目されています。
医療機関のニキビ治療でも使われることが多くなっており、イオウカンフルローションで治療を行うこともあります。


このローションは皮膚の角質を軟化させるという特徴があり、角質軟化以外では脱脂作用もあります。
さらに、殺菌にも役立つのでニキビケアには良い成分といえるでしょう。


さらにカンフルには穏やかな消炎作用や鎮痛作用もあります。
一日2回、朝晩の洗顔後の清潔な肌につけることになります。


ただれのひどい場所や傷のある部分への使用は避けましょう。
イオウは医療機関での治療だけではなく、市販のニキビケア化粧品や洗顔料に配合されていることもあります。


市販の化粧品や洗顔石鹸は、より効果も穏やかで取り入れやすい方法といえます。
肌質やニキビの状態によっても合う治療方法や薬は違いますので、自分に合う方法を選ぶことが大事です。


治療を続けていても、良い結果が得られない場合や肌荒れをするという場合は早めに医師や薬剤師に相談しましょう。