背中にきび対策

中にきびができてしまうのは、皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴に詰まることが原因です。

毛穴が詰まってしまうと、その中でカビの一種のマラセチアが繁殖します。

繁殖したマラセチアが角栓の中で暴れまわるために、炎症ができてしまいます。

 

これ以前の状態ではまだマラセチアは悪さをしておらず、白にきびなど単に皮脂が角栓の下に詰まって白く見える状態です。背中にきびの角栓を除去するには、角質を柔らかくする薬を使うと良いです。
医療機関で処方されているレチノイド製剤、市販薬のサリチル酸、などは角質を柔らかくする作用があります。

 

サリチル酸はたいていのにきびケア商品に使われています。
レチノイド製剤は、にきびの原因となる毛穴詰まりをなくすという意味で、画期的な薬だと言われています。

 

今では世界中でにきびの治療薬として使われています。
注意が必要なのは、角質が柔らかくなると肌のバリア機能が低下するということです。肌の状態を見ながら使うことが大切です。